【レッスン2】パソコンの種類

パソコンの種類についてです。
大きく分けて

デスクトップパソコン

ノートパソコン

の2種類です。

スマートフォンやタブレットPCは別物と考えてひとまず置いていきましょう。

中間的な製品も出ていますが、後にしましょう。

デスクトップパソコンはパソコン本体と人間が見るための画面(ディスプレイと言います)が別物になっています。

ノートパソコンは本体と画面(ディスプレイ)がセットになっています。

それぞれのイメージは以下の通りです。

 

■デスクトップパソコン

ノートパソコンに比べてパワーがある(処理が早い)

電力消費が大きい

ノートパソコンに比べて価格が高い

後から性能を向上させたり機能を追加するのが簡単

■ノートパソコン

持ち運ぶために作られている

電力消費が小さい

画面が小さい

価格がやや高い

後から性能を向上させたり機能を追加するのが苦手

 

選び方は

1.まずは持ち運ぶことがあるかどうか考える

2.次に小さい画面でも耐えられるかを考える

3.最後に価格を考える

 

昔に比べてデスクトップとノートの価格差が縮まりました。

以前は倍くらいの差がありましたが、今では1.5倍程度だと思います。

目の辛さが無ければ最初はノートパソコンを買うのがいいと思います。

こたつで寝ながら作業するとか、ベッドで何かを見るとか、持ち運べる上に消費電力も少ないので。